タマ子の日記

走ることが好きになり、色々と挑戦し続ける人の練習日誌+α

Mt.FUJIレポ③またいつか。

3週間経つと、気持ちが落ち着いてきました。でも、リベンジの気持ちは変わりありません!今はサロマ湖に向けて、再始動中です。時間と次の目標があることは大事だと改めて思いました。

土曜日に40キロ走をしました。まだ、万全とは言えませんが(^^;)

 

何だか記憶が薄れてきました。レポの続きです。

A4を出た後、少し体調がよくなりました。

真夜中ですが、周りにランナーがいて寂しくありません。

暑さからの脱水によるものだったのでしょうか? 

 

あまり記憶がないのですが、とりあえず転ばないように前へ前へ。

 

眠気と戦いながら、次のエイドでは「仮眠する」とそれしか見えていませんでした。

 

補給は歩いたり走っている時はあまり摂れず、日が昇るのを待ちます。

 

 

雨も降り出したけど、それでもこの区間はまだ良い方だったはず。

そうこうしているうちにレースブリーディングで聞いていた平野の交差点へ。

セブンに寄り、おにぎりと雑炊を買った。

食べれそうなものだった。

 

その後、ボランティアの人が話しかけてくれて山中湖キララへ。

そこにはBAMBIに携わっていた方がいて話しかけてくれました。具合悪くなっていたこと話しつつも塩おにぎりを豚汁に入れて食べれた(笑)

 

その後、仮眠の事ばかり考えていて、体調がそこそこだったのに休んでしまいました。

結果的に時間がなくなったから、これも失敗の元。

 

雨はやみ、ここからが勝負の山々です。

 

出る時に、顔見知りのランナーさんとBAMBI先輩ランナーさんがいて、心強かったですが、

まず、登りがキツくて、私は進めずあっという間に皆居なくなってしまいました。

 

そして、食べすぎてしまったみたいでまたまた胃が絶不調…。

 

今思えば何していたのでしょうかね。

 

それでも、前を目指していきます。とにかく登り。補給はエイドのみ。

 

徐々にスタミナが切れていきます。下りは抜かしてもらいながら、ボロボロでした。

気持ちも段々辛くなってきます。

 

思うように動けない。こんなんで完走できるだろうか…。

 

 

山を何とか登りきりました。時間はギリギリのようです。

 

で、下り。

 

スタッフの方が、関門まで残りわずかと教えてくれました。

 

このままではUTMFが終わってしまう。

 

必死に下りました。

 

 

いるスタッフに時間を聞いていました。

 

皆、今の調子で頑張れば間に合うかもと応援してくれました。

 

登山道のようで一般客もいます。

必死の形相で「退けてくださーい」と叫びお礼をいいます。

 

いや、すみませんでした。ありがとうございました。

 

そんなんで坂を夢中でおり、関門ギリギリでA7の二十曲峠に滑り込みました。

 

本当にギリギリでめいいっぱい走ったので着いてからしばらく動けずにいました。

 

そうして、ほぼパワーが無い状態での杓子山への道となるのでした。

 

早く出ないと間に合わないよー。と言われ出発。

 

私と同じく、ギリギリに入ったランナーさんとスイーパーさんと登りはじめましたが、やはりすでにすっからかんの状況において、厳しかったです。

 

ずっと胃がやられて補給ができていない事をスイーパーさんに話すとOS1やラムネをくれました。

 

 

ギリギリの二十曲エイドで何個かポケットインしたものも少しずつ食べます。

 

杓子山の岩登り。

ゆっくりと皆で登ります。

 

ロープ、岩、色々つかみながら。

以前、ボルダリングをやっていて、少しだけ得意な分野です。

 

ただ、調子こいて力を使ってしまい、ラストまで持たなかった原因かな?と思っています。

 

渋滞という事で確か待っていたような…。

 

そして進み始めた後も、時間の延長があったのに、私自身は限界に達していて精神的にも諦めモードになっていました。下りなのに動けないんです。

そして実は杓子山名物の鐘が遠かった。

 

スイーパーさんが励ましてくれましたから、前には進みましたが、間に合わない事は確実。私の2024Mt.FUJI100は終わりに近づいていました。

 

18時、関門まで3キロ以上あったと思います。

 

 

今度こそ完走を目指そう。

 

晴れやかにゴールしたいです。

 

 

終わり。

 

 

 

 

Mt.FUJI100レポ②ギリギリへの道

ゴールデンウイークが終わりまして、慌しい日常が始まりました。

連休は妹と甥っ子と一緒に札幌観光をしてきました。いつも練習だったので旅行の休日は久しぶりです。ま、運転手なんですが(^^;)

 

円山動物園の泳ぐ白クマ!歓声が上がっていました。

登らない、練習しない藻岩山も体験しました。ロープウェイ怖かった…中腹からは登りましたけど。

そして、札幌朝ランもしました〜。満喫です。何より喜んでいる甥っ子を見れたから良かったです(^ ^)

何事も経験だー。

 

では、レースレポの続きを。

前回本栖湖と書きましたが、目指すA3は精進湖でした。そういえば間違えてて、他のランナーさんに指摘受けましたね。

そしてここから胃の痛みとの戦いが始まるのです。

 

この区間は竜ヶ岳です。昼間の時間となり、だんだん暑くなってきました。あまり記憶がありませんが、意識して水分を摂っていたと思います。

しかしながら、気持ち悪くなり補給物がとれなくなっていました。

 

そんな中、ある出会いが…。

 

昨年秋、参加したBAMBI100。その時の選手がボランティアをしており、自分を見つけてくれました。

並走してもらい、胃が調子悪いことなど話をしたような気がします。

応援を受け、山を登ります。

 

変わらず調子があまり良くなかったので、下りは道を譲る作戦に。

胃が悪くなった事は沢山あり、我慢していれば復活できるからと諦めず進みました。

 

山を下りると飲んだ薬が効いてきたのか気持ち悪さが落ち着いてきました。

 

で、またまた先にあったボランティアのランナーさんと同じくBAMBI出場者だったFuji参加ランナーさんに会いました!

 

少し話をして、食べれなかった胃に自販機買ったココアを飲み、次のエイドを目指しました。

A3精進湖へ。

スープスパをもらい、パンも食べれた。

先に走っていた知り合いのランナーさんと会話し、少し仮眠することを伝えたら、彼女も休んでいた様子。

皆、眠いのだ。

 

体育館で10分くらい休もうとしたが、やはり眠れず。しかし、ふと睡魔が襲い…。意識が遠のく。

 

が、

 

「起きないと間に合わなくなりますよー」とボランティアさんの声が!!

 

1〜2分で仮眠終了。

 

しかし、少しスッキリしたので、エイドを出ます。

 

ドロップバッグのあるA4北麓へ。

 

ここからは夜間になる。ライトはギリギリまで使用せず。

 

初めての道、緩やかな上り基調のロードが続くようで、歩く人が多かったような?

でも、ちょっと回復したみたいなので、とにかく前を目指して進みます。

いや、多少は気持ちや悪かったかなー?

 

そうして、大きな出会いがありました。

 

位置的には鳴沢氷穴の前あたり?でした。

 

100miles100timesのTomoさん、井原知一選手がいました。

走っていくと、「あ」と。

 

「釧路トレランに出ていた者です」と思わず口にします。

 

「覚えているよ。Fujiは初めてかい?」などと会話しました。

 

胃の調子が悪い事を話すとポケットから胃薬を出してくれました。

 

「頑張って!」と言われ走ります。

 

しかーし、トイレと自販機に寄ったのが悪かった。

 

もらった胃薬を落としてしまったのです(ToT)

 

教訓。大事な物はカバンの中へ入れる事。

 

 

でも、tomoさんがごく普通の北海道の端にいる一市民ランナー覚えてくれた事に感激しました。それだけで一瞬でも元気を取り戻せました。

 

胃薬の優しさを無駄にしてしまいすみませんでした。ありがとうございました。

何とか踏ん張り、A4北麓公園につきました。

 

時刻は23時をすぎていて、ギリギリでした。

ドロップバッグから、胃薬、インスタントのお粥を取り出して食べ、ほんの少し休みました。

 

先に着いていた知り合いのランナーさんに遭遇。少し会話をします。

 

時間ギリギリで出発。

具合悪くても前へ行くしかありません。

友人が送ってくれました。ありがたいです。

 

続く…。

 

まだ、FUJI関連の動画やサイトを見れません。かなり重症です。やっぱり、完走したかった。

 

努力して、一年先、二年先には完走できるよう頑張ります。

 

あと、この春から、通信大学での勉強を始めました。仕事の忙しさや課題の提出もあり、ブログ更新が遅れるかと思います。

それではー。

 

 

 

Mt.FUJI100レポ①

1週間程経つと、胃の調子も良くなり、睡眠負債も解消され、なぜ、もっと頑張れなかったのかとふと思ってしまいます。何とも言えない気持ちは失恋より深いかもしれません(笑)

 

しかし、過ぎ去りし事は仕方ありません。リベンジに向けてロングと胃腸を強くしていきます。

 

では、レポを。

前々日、地元空港の天候が悪く、飛行機が飛ぶのか心配でしたが、21時には羽田へ。そのまま横浜にて1泊。睡眠不足でした。翌日仮眠ツアーバスにて北麓公園に向かいます。

久しぶりの高い建物。田舎者丸出しで、バス停を聞きました。

受付後、トークショーを見学。

土井選手、BAMBITシャツを来ていたので気づいてくれました。

フランクに話してくれる人柄の良さ。笑顔でした。そして、いつのまにか写真の列ができていましたね。

ミーハーなので撮ってもらいました。顔小さい!

この時は元気でした。元気をもらいました。

ノースフェイスの選手トークショーを見学。上田選手が小さなおにぎりを持って走ると話されていました。

終わってからの反省、結果となりますが、胃が弱くなった時に何を食べれるのか、用意するのかをしっかり考えておく必要がありました。

 

で、ツアーバスにて富士宮のホテルで仮眠。が、寝れるわけもなくです。

22時すぎには出発となりました。

 

うーむ。不安大。

 

着いてから、最近藻岩練習で知り合いになったランナーさんとスタートまで一緒に待たせてもらいました。

日本で一番規模の大きな100mileレース。熱気もすごく、トークもおもしろい!

0時半、いよいよ第4ウェーブスタートです。

闇の中、だけどランナーが多く、暗くありません。流れに沿って走っていましたが、8〜9キロくらいのじゃり道で転倒。

止まって、ペットボトルのお茶を膝にかけ、持っていた絆創膏を貼りました。痛みはありますが、この先まだ160キロ弱。へこたれている場合ではありません。

 

順調に進んでいましたが、送電線の渋滞に巻き込まれてしまいました。

待つ間、周りのランナーさん達と話をしたり、補給したり。

 

A1に着くまで思ったより時間がかかり、またタイムテーブルも30分遅れスタートを考えていないもので、とにかく、関門に間に合うように組み立てるという大雑把な計画となった(^◇^;)

A1ではトイレ、水の補給。

そして、北海道から来ている顔見知りランナーに出会えました。

まだまだ余裕があり、ここから前半の山場という天子山岳への道となります。

久しぶりの登山でもあり、余裕を持ちたい気持ちもありましたが、急がねばと。

ただ、登りは必死に行けましたが、下りの遅さが目立ち、かなり抜かされてしまいました。

 

マイペース。

 

これも、結果的には脚のダメージは無いものの、制限時間等を考えたら、突っ込んでも良いところかもしれません。

 

まぁ、ここまでは順調にきました。

A2で楽しみにしていた焼きそばを食べましたよ。

 

そして、本栖湖へ向けて、水分補給。

 

ここまでは余裕ありで、写真がありますね。

続く。

 

 

 

レースレポの前に

Mt.FUJI100、リタイアとなってしまいました。

 

前記事で皆様からコメントを頂き、辛かった胃の痛みも、落ち込みも忘れ、再び、前向きに挑戦していきたい気持ちになりました!

高い壁をいつか超えてみます!

ありがとうございましたm(_ _)m

 

後泊した三島にてお守りを買いました。

弱い自分に、今持っている目標に、勝つ!

 

落ち込んだので、気持ちの整理をしてきました。

 

 

今回はレースレポの前にダメだった原因を。

①暑さによる脱水、熱中症?、朝晩の気温差に対応出来なかった

北海道と暑さの差は大きいです。暑熱順化ができといなかった。汗冷え。

②脱水の弊害として胃腸障害がすぐに起こった。

こまめにとっていたつもりですが、足りてなかった。

③睡眠不足

レース1週間前からあまり眠れなかった。強いて言えば長時間労働と精神的苦痛。

④補給と補給品

前年から胃腸障害があったのにもかかわらず、具体的な対策をしておけば良かった。

⑤エイドの休憩時間

具合が悪い事により、長くなってしまった。

⑥レインパンツの脱ぎ履き、ザックへの収納の仕方

慣れて無かった。

⑦普段の食生活、直前の食事

太りやすい体質+ランナーらしくない体型を気にして制限していました。

さらに遠征に行って移動とかするとあまり食べたくなくなってしまうのでエネルギー切れが早くなったかもしれません。

改善する必要がありますね。

⑧夜走るような超長時間練習が足りなかった。

慣れが足りない。

良かった点

①脚は思ったよりダメージが少なく、エネルギー切れがなければもったラストまで可能性があり。

冬は山練習ができない分、走り込みをした。下りの技術など練習内容の強化は必要だが、悪くはなかったのではないかと思います。

②5〜6回、胃を復活させることができた。

白湯の効果、応援の力

③前日には土井選手、レース中には井原選手に声かけてもらえた事。

BAMBIや釧路まちなかトレランへ参加したことで、へっぽこ市民ランナーを覚えてくれていました。

ありがとうございました!

応援してくれたのに、情けない走りですみませんでしたm(_ _)m

④A7をギリギリで通過。

諦めずにラストの坂、振り絞って走った。

⑤テールエンダーを経験し、スイーパー、スタッフの皆様から励ましをもらえたこと。

低血糖、気が遠のきそうになる中、声かけてもらいました。

思い出したら、色々あるかもしれませんが、記憶も朧。

 

いつも良い事ばかりでは無いし、努力した結果が繋がらないこともある。

色々な意味で、レースに参加できた事に感謝ですね。

そして、またトレラン100mileの神様から再チャレンジの思し召しがあったと判断。

諦めません、完走するまでは。多分。

 

次回からはレポを少しずつ書いていきます。

 

まずは、サロマ湖ウルトラ、自己ベスト目指して再始動します!

 

本当にありがとうございました!

 

それでは〜

 

 

 

完走できませんでした

Mt.FUJI100完走できませんでした。

脚はなんともなかったんですが、序盤で胃がやられ、何度も薬を飲みながらだましだまし進みましたが、エネルギー切れでF8の関門に間に合いませんでした。

距離に誤差がありますが、最後、杓子山から降りて林道で送ってもらいました。実際にはA7までという事でしょうか。

貴重なテールエンダーを経験しました。優しさに感謝です。

救護室で、ゴールの様子を聞いていたら、余計に悲しくなりました。

 

ゴールしたかった…。ゴールしたい気持ちが弱かった。

 

また挑戦するとは言えませんが、一晩明けると悔しさがこみあげます。眠れません。

練習内容や調整、やはり補給問題。仮眠の取り方。

もっと方法を変える必要がありますね。もっと真剣に取り組みたい。

 

でも経験値は上がったはず。

 

 

 

最後にチャーリーさん、ごっしーさん、macさん、コメントありがとうございましたm(_ _)m

レース前に見ておりました。応援ありがとうございました!

いよいよ

あと10時間程でスタートです。

富士山を初めて見ました(^ ^)

 

実は日曜日に坂ダッシュしたせいか数日前から脚の張りがあって(・・;)

だいたい調整ミスばかり…。

不安ではありますが、走り切りたいと思います!

 

しかし、暑い(゚o゚;;

体調管理も大事になりそうですね。

 

頑張りまーす。

Mt.FUJI100まで1週間切りました

いよいよ迫ってきた今シーズン最初で最長のレース。

冬の間もシーズンオフ無く走り続け、春先なのには珍しく、絞れてます。多分。

先々週の70キロ走から、先週は里山練習21キロをしました。ザックに本番用8割の必携品をいれて大雑把に測り2.6キロ超え。3キロ以上になりそうですね。

練習は雪解け、泥々。走りやすいコースで登り降りして終了。20キロだと短い!

ザックの支障は無さそうです。

 

1か月前くらいから仕事が徐々に忙しくなり、毎日サービス残業1時間半で疲労が溜まりがち。ここ1週間は休みもらうから、張り切り残業(笑)

先週、なんとか時間を作り、タイムチャートの作成(書き込み)

 

これまでフルマラソン10回以上、ロードのウルトラ5回、ミドルレースのトレランも10回程に参加してきました。

100マイルは2回目。長丁場、何が起きるかわからない。

よくわからなくて独自の作り方。きっと経験してみないとわからないことばかり。

へへっ(´∀`)

冒険が楽しみだ。

とりあえず、完走を目指します。

 

 

で、今週末は荷物の準備。

ちなみに練習は土曜日はレース前最後の公園ぐるぐる走14キロ。本当お世話になりました。

 

冬が終わり公園にも春が来ました。暖かくなった事を実感。桜の名所でもあるので、これから咲くのが待ち遠しいですね。

少ないけど、疲れているみたいだから、無理しない。

で、荷物準備、詰め込み作業もしました。

必携品。補給はもう少し入れますが。

ギリギリで購入した、150ccの水筒。暑いかもしれませんが、胃腸障害対策に白湯を持って走ろうと思います。

あとは梅味の塩熱サプリ。200円だった!ガチオさんおすすめしていたのでケースに入れた。トレイルランナー気分(笑)

地図もコピー。道迷いランナー。

 

デポバックに入れるものも準備したら、スーツケースが一杯になりました。

 

当日はこんな感じの服装を予定。

気合い入るなぁ。

 

最近は朝4時に目が覚めてしまって、睡眠ローディングができていません。今日12、3キロ走った後、明日からは距離を短くして脚を休ませたいと思います。

いつも寝る為に走っているんですが。

無事にスタートラインに立てますように(>_<)

 

それでは〜